数字リテラシーを客観的に診断

クライアントに一生懸命提案しているのはわかるけど、話している数字を分かって説明しているのかなあ…。適当に話しているように見えるから、相手も全然信用していなさそうだ…。

営業会議で数字が出てくると黙って下を向く部下がいるのよねえ。わかっているのかわかっていないのかがわからない。わかっていないなら、質問してくれればいいのに。

部下と話していて、数字に関してあてずっぽうに言っていると感じるときがある。前年比の計算は、大きい数字÷小さい数字だと思っているような気がする。多分数字に弱いんだろうなあ と思うけれど、客観的な基準がないので指摘できない。指摘してもいいものかしら。パワハラにならないかな。

弊社の大人向け数学教室の受講生のほとんどが、割合の考え方を理解していません。管理職試験を受ける方でも「実は式の立て方があいまいで」というケースは珍しくないのが実情です。

そうなると、前年比や達成率などの基本的な指標も、十分に使いこなせていないワケです。多くの方は「雰囲気」で考え、「アラートが出ると良くない感じ」というふうに、数字の意味を正しく理解しないまま日々の業務やビジネス上のコミュニケーションを進めているように見受けられます。

「なんとなくわからない」「でも、わからないとは言えない」

まさか、わかっていないワケがない(と信じたい)

できる上司とできない部下のあいだで、このような温度差を抱えたまま業務を遂行しても、個人はもちろん、部署やチームの生産効率は上がりません。また、数字に弱いままのスタッフは、いくらExcelやプレゼンのスキルを伸ばそうとしても、それらを十分に活かせません。

本検査は「数学力の評価」ではなく、ビジネス遂行に必要な数字力をどの程度まで持っているかを客観的に判断します。

弱点が判明した場合は、本人に学習の必要性を意識させることを目的としています。社員様の数字力を客観的に把握するためにご利用ください。
ビジネス数字リテラシーのねらいはこちらからお読みいただけます(お手すきの際に是非)

こんなお悩みを抱えている企業様に最適です

・社員が数字に弱い、どのくらい弱いのか知りたい

・社員の現在の数字力を客観的に把握したい

・スキルが不足している社員にリスキリングを促したい

・社員全員でデータを活用できるようになりたい

このような課題を解決できます

・ビジネスにおける指標などの理解を共有したい

・社員の能力を高めたい

・データ分析力を高めたい

特長

ビジネス数字リテラシー検査は現状の数字スキルの検査です。
結果から、業務を効率よく進めるためにどのような点を強化すべきか課題が浮かび上がります。

弱点がわかる

項目ごとに得点を集計するので、どの種類の数字リテラシー(※1)が弱いかを計測できます。

計算力は求めません

計算が必要な問題では簡単な数値を扱うので、高度な計算の速さは問いません。

パソコンで受検

ご自分のパソコンから受検できるので、会場などに集まる必要はありません。

※1)弊社指標による

短時間で検査

数字に特化した検査なので、短時間で計測できます。社員様への負担は最小限です。

試験対策不要

理解できていれば簡単、かつ、付け焼刃の対策はしづらい出題範囲とレベルです。

数字思考力を測る

答えそのものではなく、答えを導出するための式を選択する選択肢式の問題が中心。

検査の種類

名称時間と問題数特長と対象者評価項目
ライト10分25問短時間で測定できます。
最低限の数字を扱う方の検査に最適です。
総務、事務、人事など
・ 読解・計数の基本
・ 情報整理
・ 資料の読み取り
・ 損益計算
・ ビジネス指標
スタンダード20分35問数字を扱うことが多い方、基礎的なデータ分析業務をする方に最適です。
営業、企画、マーケティング、経理、広告、販売など
・ 読解・計数の基本
・ 情報整理
・ 資料の読み取り
・ 損益計算
・ ビジネス指標
・ 論理的思考
  • 問題は、いずれも多肢選択型です。各問を短い時間ですばやく解答する必要があるので、真の実力を測定できます。
  • 問題のレベルとしては、役職級クラスの方は8割以上、中堅社員のできる方が6割以上、新入社員やスキルの弱い方が5割以下の得点となっています。
  • 本検査は、対策を不要としています。ただし、それは、検査そのものの得点よりも、あくまで検査時の実力を測るためであり、対策による学習効果を否定するものではありません。

出題範囲

小学校4年生~中学校2年生程度までの基礎的な問題が出題されます。

読解・計数の基本マイナス、分数、読解
数字が含まれる文章を正確に読解する力と基本的な計数力を測定します。
情報整理平均、集合、樹形図、単位あたり、確率など
与えられた情報を整理し、関係性などを考えて結論を導く力を測定します。
資料の読み取り各種グラフ、クロス集計表など
表やグラフなどのデータから解釈や意味合いを抽出する力を測定します。
ビジネス指標増減、構成比、○○率など
ビジネスで多用される指標の意味を理解し、求めに応じてデータを導く力を測定します。
損益計算原価、利益、総額、利益率、損益分岐点など
原価、仕入れ値、利益、定価、売価など販売に関する言葉を理解し、売買の状況を把握する力を測定します。
論理的思考推論、事象の抽象化
存在する情報から論理的に結論を導いたり、論理的な抜け漏れや矛盾した点がないかを判断できる力を測定します。

結果について

受検者の画面

受検者本人への開示の有無やタイミングを、お申し込み時に選択いただけます。
受検者に結果の開示を許可した場合、受検者の点数、平均点、苦手分野を確認できます。

管理者側画面

管理者となった方は、一覧で受検者の検査結果をご覧いただけます。また、点数をローデータでダウンロードいただけます。

試験実施までの流れ

資料請求
下記より資料請求をお願いいたします。当社より資料とお見積り、お申込書をお送りします。
試験実施日の決定
お申込書(試験実施日と人数、お名前とEメールアドレスを含む)をお送りください。
ID、PWの送付
お申込みなさった方にまとめてID,PWをお送りすることもできますし、お1人ずつ送ることも可能です。
受検
それぞれご都合の良い時にご受検いただけます
結果表示
設定により、点数およびフィードバックの即時開示、部署の全員が受けた後の開示、非開示を選択できます。また、管理者は結果を一覧で見ることができます。(ローデータをダウンロードすることも可能です)

オプション

数字リテラシー力強化講座

数字リテラシーを強化する必要がある場合には、強化プログラムをご用意しておりますのでご相談ください。オンライン、通学どちらも用意しています。

Excelスキルチェック

Excelのスキルをチェックすることもできます。

資料請求はこちらから